綺麗な形でクロス貼り替えを行ってくれる名古屋の業者に依頼を

SITEMAP
大きな窓

湿度の高いところで注意したいクロスとは?

綺麗な部屋

現在、住宅や賃貸物件の壁材としてクロスが利用されるのが一般的です。昔の住宅のように左官職人が壁を施工するのに比べ、コストが非常に安く、貼り替えが容易というメリットがあります。ですが、クロスの選択には注意が必要であり、湿度の高い場所では使用を避ける必要がある素材もあります。
日本の気候は高温多湿であり、湿気があり、冬場は結露し易いという問題があります。特に結露がし易い場所では、一般的に主流であるPVC(塩化ビニル)クロスの使用は避けることが重要です。PVCは透湿性が低く、結露し易いという特徴があり、カビの繁殖には打って付けの素材です。また、下地材にもカビが繁殖する原因となり、建物自体にダメージを与える可能性があります。そのため、クロス選びはその環境に合わせて選択する必要があり、安易に施工価格だけで選ぶことは避けることが肝心です。
最近では、先人の知恵を取り込んだクロスもあり、PVC素材ではなく、紙素材もしくは透湿性に富んだ素材を配合したものがあります。特に紙素材は、寿命が短いといったイメージが強いものの、PVC素材に比べると紫外線にも強く長持ちするといった特徴があります。先ずは、クロスを選択する際はそれぞれの特徴を理解し、日本特有の湿度の高さに注目することがポイントです。

トピックス