綺麗な形でクロス貼り替えを行ってくれる名古屋の業者に依頼を

SITEMAP
大きな窓

壁紙のクロスコーティング!選択を誤ると寿命が短くなる!

部屋

施工から期間が経過すると、クロスの外観はどんどん悪くなります。また、子供がいる家庭ではクロスに落書きされるなどの問題もあり、外観の改善と防汚効果のあるコーティング施工に魅力を感じることがあります。
ですが、コーティング施工は注意しなければ、クロス劣化をさらに進行させるだけでなく、壁材の伸縮に追従できず、クロスが剥がれ落ちるといったリスクがあります。そのため、コーティング施工では、ウレタン樹脂でコーティングするもの、紫外線によりコーティングが硬化しより強固にな耐摩耗性や防汚性を謳うものは避ける必要があります。ウレタンコーティングの場合、費用は安価に抑えられるものの、加水分解性つまり水分の吸収によりウレタンが劣化するというデメリットがあります。その結果、クロス自体にシミが発生してしまうといった問題があります。
また、紫外線硬化樹脂によるコーティングは、クロス表面が硬化してしまい、クロス自体の収縮性が失われてしまい、より劣化が進行するということになります。つまり、コーティングのタイプを理解しなければ、クロスの貼り替え以上の費用が発生してしまうケースがあるため、安易にコーティングという選択をせず、都度、クロスの交換を行う方がコストパフォーマンスが良くなるケースがあるため、注意することがより寿命を伸ばすことに繋がります。

トピックス